会報 Vol.31
update:2021/02/09|ブログ

2021年度JAPAN FINALの参戦記を掲載いたしました!
今年のチャンピオンの皆様に寄稿していただきました。是非ご一読ください。
http://jfa-archive.com/wp-content/uploads/2014/12/Vol.31.pdf
 
★写真は栃木の御地合泉江さんと富山事務局長四十野亨さんに撮影していただきました。
https://photos.app.goo.gl/rCEXt3gdWByo1ESa6

JAPANFINAL2020 表彰式典
update:2020/11/11|ブログ


【ハイスコア部門】
BEST SCORE GAME OF THE YEAR
≪シリーズ/オープン部門≫
130point 吉武竜司 (福岡県) LUSH (ボーダーコリー)
≪クイーンズ/レディース部門≫
104point 間美加 (福岡県) Gold (ボーダーコリー)
≪スモールドッグ/小型部門≫
86point 佐藤一弥 (愛知県) ライリー (シェルティ)
10×5賞
一柳浩一 (熊本県) デトネ (ボーダーコリー)
吉武竜司 (福岡県) LUSH (ボーダーコリー)
ONE ROUND BEST SCORE OF THE YEAR
50point 一柳浩一 (熊本県) デトネ (ボーダーコリー)
50point 吉武竜司 (福岡県) LUSH (ボーダーコリー)
公式戦最多勝チーム
24勝 北川安洋 (奈良県) Neith (ボーダーコリー)
18勝 間美加 (福岡県) Gold (ボーダーコリー)
26勝 佐藤一弥 (愛知県) ライリー (シェルティ)

【特別賞】
グランドチャンピオンシップ連続出場記録チーム
10年 中村清則 (宮城県) Charo (ボーダーコリー)
福尾光一 (岡山県) GOKOO (NZヘディングドッグ)
三本欽麗 (東京都) Pallas Athena (ボーダーコリー)
9年 島本圭悟 (徳島県) Lark (ボーダーコリー)
7年 福本義裕 (茨城県) (ボーダーコリー)
福本義裕 (茨城県) バッチ (ボーダーコリー)
吉武竜司 (福岡県) mira (ボーダーコリー)
四方田竜 (福岡県) SOL (ボーダーコリー)
6年 渋谷功 (岡山県) 一翔 (ボーダーコリー)
西村久志 (三重県) Rock (ボーダーコリー)
グランドチャンピオンシップ通算出場記録チーム
9回 湯本智 (栃木県) ルディ・エクレール (ボーダーコリー)
8回 川野辺正 (茨城県) 七海 (ラブラドール)
木田和夏 (大阪府) Little Navajo (ボーダーコリー)
小西秀則 (大阪府) Little Navajo (ボーダーコリー)
福島則行 (東京都) Lucas (ボーダーコリー)
6回 宮迫裕二 (京都府) BROOKS (ボーダーコリー)
5回 川崎良輝 (兵庫県) KANSAI (ラブラドール)
レディースチャンピオンシップ連続出場記録チーム
8年 三五祐子 (新潟県) NIKE (ボーダーコリー)
間美加 (福岡県) Deep Sky (ボーダーコリー)
7年 磯上淳子 (茨城県) すず (ボーダーコリー)
5年 鮫島直美 (兵庫県) 秋風 (ボーダーコリー)
小松崎優美 (茨城県) ミア (ボーダーコリー)
三五祐子 (新潟県) KAYLA (ボーダーコリー)
レディースチャンピオンシップ通算出場記録チーム
9回 泉澤順子 (岩手県) 華蓮 (ボーダーコリー)
8回 松尾直美 (長崎県) AERA (ボーダーコリー)
6回 川嶋久美 (福岡県) SWAN (ボーダーコリー)
5回 中村理恵 (千葉県) (ボーダーコリー)
スモールドッグチャンピオンシップ連続出場記録チーム
10年 三ケ田鈴香 (静岡県) サード (ジャックラッセル)
三ケ田達也 (静岡県) キャッチャー (ジャックラッセル)
8年 鎌田義明 (大分県) ナッツ (ウェルシュコーギー)
7年 上川成年 (埼玉県) LUKE (パーソンラッセル)
5年 北田博之 (大阪府) ひな (ジャックラッセル)
佐藤一弥 (愛知県) ライリー (シェルティ)
スモールドッグチャンピオンシップ通算出場記録チーム
6回 藤田浩子 (大阪府) オーティス (ジャックラッセル)
5回 伊藤智夫 (埼玉県) ケン (ウェルシュコーギー)
鎌田貴久美 (大分県) リッツ (ミックス)
フリーフライトD-1MAXチャンピオンシップ連続出場記録チーム
6年 間美加 (福岡県) Durandal (ボーダーコリー)
フリーフライトD-1MAXチャンピオンシップ通算出場記録チーム
5回 平山聖子 (大分県) レディー・ガガ (ラブラドール)
シニアドッグジャパンファイナル出場記録チーム
13回 吉武竜司 (福岡県) Stella (ボーダーコリー)
12回 四方田竜 (福岡県) Luce (ボーダーコリー)
9回 助定潤司 (兵庫県) RAI (ウィペット)
7回 田中勝則 (千葉県) (ボーダーコリー)
6回 島本富生 (徳島県) Lark (ボーダーコリー)

【成績証明書授与】
公式シリーズ選手権優勝チーム
第1戦 吉澤憲一 (東京都) りく (ボーダーコリー)
第2/3戦 木田和夏 (大阪府) molto Vivo (ボーダーコリー)
第4/6/9/12/
17/19/20戦
佐藤克行 (群馬県) RUAN (ボーダーコリー)
第5戦 木田伸弥 (大阪府) Jewel (ボーダーコリー)
第7戦 山本章正 (愛知県) TONIC (ボーダーコリー)
第8戦 小西秀則 (大阪府) Little Navajo (ボーダーコリー)
第10/13戦 北川安洋 (奈良県) Neith (ボーダーコリー)
第11戦 四方田竜 (福岡県) SOL (ボーダーコリー)
第14戦 長谷哲哉 (兵庫県) 剣心 (ボーダーコリー)
第15戦 藤井勝明 (富山県) 龍河 (ボーダーコリー)
第16/22戦 吉武竜司 (福岡県) LUSH (ボーダーコリー)
第18戦 亀井伸介 (三重県) Lepton (ボーダーコリー)
第21戦 篠崎亮 (山梨県) 左文 (ウィペット)
公式クイーンズ選手権優勝チーム
第1/3戦 福本聡子 (茨城県) ミーナ (ボーダーコリー)
第2/7/12戦 間美加 (福岡県) Gold (ボーダーコリー)
第4/5戦 植草友里江 (千葉県) 美糸 (ボーダーコリー)
第6/9戦 福本聡子 (茨城県) リッツ (ボーダーコリー)
第8/11戦 平岡孝子 (東京都) アグリ (NZヘディングドッグ)
第10戦 中村理恵 (千葉県) Fortuna (ボーダーコリー)
スモールドッグカップ選手権優勝チーム
第1戦 城戸英二 (熊本県) ねね (ウェルシュコーギー)
第2/4戦 上田昌二 (兵庫県) Arion (ジャックラッセル)
第3/5/10戦 佐藤一弥 (愛知県) ライリー (シェルティ)
第7戦 河野洋志 (大分県) マリン (コイケルホンディエ)
第8戦 冨重哲也 (京都府) アニ (ミックス)
第9戦 川口輝 (熊本県) JAKE (ジャックラッセル)
第11戦 橋本秀一 (福岡県) Tronc (ECスパニエル)
ワンラウンドマッチゲーム選手権優勝チーム
吉武竜司 (福岡県) mira (ボーダーコリー)
三五祐子 (新潟県) NIKE (ボーダーコリー)
小井正 (大阪府) Eldrick (ボーダーコリー)
佐藤克行 (群馬県) RUAN (ボーダーコリー)
一柳浩一 (佐賀県) デトネ (ボーダーコリー)
河野和則 (大阪府) SAM (ボーダーコリー)
佐藤克行 (群馬県) NEAL (ボーダーコリー)
島本圭悟 (徳島県) Lark (ボーダーコリー)
紙漉祐次 (福岡県) sheryl (ボーダーコリー)
福本義裕 (茨城県) (ボーダーコリー)
宮迫裕二 (京都府) BROOKS (ボーダーコリー)
吉澤憲一 (東京都) りく (ボーダーコリー)
吉武竜司 (福岡県) LUSH (ボーダーコリー)
一柳浩一 (佐賀県) くろべぇ (ミックス)
篠崎亮 (山梨県) 左文 (ウィペット)
小西優子 (大阪府) (ボーダーコリー)
藤井勝明 (富山県) 龍河 (ボーダーコリー)
北川安洋 (奈良県) Neith (ボーダーコリー)
磯上淳子 (茨城県) すず (ボーダーコリー)

【年間表彰】
ペアの部年間チャンピオン
佐野美由紀
佐藤克行
(群馬県) RUAN (ボーダーコリー)
シニアドッグの部年間チャンピオン
一柳浩一 (佐賀県) くろべぇ (ミックス)
フリーフライトD-1MAXの部年間チャンピオン
間美加 (福岡県) Durandal (ボーダーコリー)
スモールドッグ年間ランキングTOP3
1位 佐藤一弥 (愛知県) ライリー (シェルティ)
2位 川口輝 (熊本県) JAKE (ジャックラッセル)
3位 赤坂尚彦 (秋田県) (シェルティ)
クイーンズ/レディース年間ランキングTOP5
1位 間美加 (福岡県) Gold (ボーダーコリー)
2位 磯上淳子 (茨城県) すず (ボーダーコリー)
3位 植草友里江 (千葉県) 美糸 (ボーダーコリー)
4位 間美加 (福岡県) Deep Sky (ボーダーコリー)
5位 福本聡子 (茨城県) リッツ (ボーダーコリー)
シリーズ/オープン年間ランキングTOP10
1位 北川安洋 (奈良県) Neith (ボーダーコリー)
2位 佐藤克行 (群馬県) RUAN (ボーダーコリー)
3位 一柳浩一 (佐賀県) デトネ (ボーダーコリー)
4位 福本義裕 (茨城県) (ボーダーコリー)
5位 吉澤憲一 (東京都) りく (ボーダーコリー)
6位 藤井勝明 (富山県) 龍河 (ボーダーコリー)
7位 二宮三樹 (新潟県) サンタ (ボーダーコリー)
8位 山本章正 (愛知県) TONIC (ボーダーコリー)
9位 西村久志 (三重県) Rock (ボーダーコリー)
10位 福本義裕 (茨城県) バッチ (ボーダーコリー)

(敬称略)

JAPAN FINAL2020 RESULT
update:2020/11/10|ブログ


 

11月7日(土)
フリーフライトD-1MAXチャンピオンシップ
高橋諒 (千葉県) Layra (ボーダーコリー)
間美加 (福岡県) Durandal (ボーダーコリー)
小西由知 (大阪府) gaAra (ボーダーコリー)

ユースオープン日本一決定戦     
北川安洋 (奈良県) Tiamat (ボーダーコリー)
木元孝光 (岐阜県) Lily (ボーダーコリー)
小田高弘 (三重県) FLEGEL (ボーダーコリー)

シニアドッグの部チャンピオン決定戦
一柳浩一 (佐賀県) くろべぇ (ミックス)
川崎良輝 (兵庫県) SANMIYA (ラブラドール)
島本富生 (徳島県) Lark (ボーダーコリー)

ペアの部チャンピオン決定戦
川嶋久美
吉武竜司
(福岡県) DRAGON HAYATO (ボーダーコリー)
間美加
久保彩菜
(福岡県) Gold (ボーダーコリー)
木田和夏
和田瞳
(大阪府) molto Vivo (ボーダーコリー)

JAPAN FINAL2020記念大会
一柳浩一 (佐賀県) デトネ (ボーダーコリー)
二宮三樹 (新潟県) サンタ (ボーダーコリー)
河野和則 (大阪府) SAM (ボーダーコリー)

11月8日(日)
グランドチャンピオンシップ
木田和夏 (大阪府) Little Navajo (ボーダーコリー)
湯本智 (栃木県) ルディ・エクレール (ボーダーコリー)
吉澤憲一 (東京都) りく (ボーダーコリー)

レディースチャンピオンシップ  
松野下裕子 (鹿児島県) Raiga (ボーダーコリー)
三五祐子 (新潟県) KAYLA (ボーダーコリー)
松尾直美 (長崎県) TRY (ボーダーコリー)

スモールドッグチャンピオンシップ
赤坂菓 (秋田県) (シェルティ)
川口輝 (熊本県) JAKE (ジャックラッセル)
藤堂有生 (東京都) ももたろう (トイプードル)

是非ご覧ください。
update:2020/08/04|ブログ

7/26(日)栃木宇都宮での取材の模様がWEBマガジンで公開されています。是非ご一読ください。

https://reanimal.jp/article/2020/07/29/645.html
https://reanimal.jp/article/2020/08/02/664.html

2020年度JFA RECORDS
update:2020/07/29|ブログ

2020年度 10×5賞

2020/7/4 大分日田
公式オープン選手権 第2ラウンド

吉武竜司(福岡県)&LUSH(ボーダーコリー)チーム。

2020/02/01 熊本菊池
AWC2020予選会 公式オープン選手権 第1ラウンド

一柳浩一(佐賀県)&デトネ(ボーダーコリー)チーム。

記念フリスビーを贈呈いたしました。
update:2020/03/31|ブログ

会報Vol.30
update:2019/12/12|ブログ

JAPAN FINAL2019&シーズンチャンピオンの参戦記を収めた会報Vol.30が完成いたしましたので是非ご覧ください。
【アーカイブ】
会報:http://jfa-archive.com/wp-content/uploads/2019/12/Vol.30.pdf

PHOTOGALLERY:http://jfa-archive.com/?page_id=29

JAPAN FINAL2019 IN NIIGATA大会結果
update:2019/10/15|ブログ

10月12日(土)
ユースオールカマー日本一決定戦(個人戦)
加藤 昌宏(埼玉県)&ドラゴン ネオ(ボーダーコリー)
小田 高弘(三重県)&METEOR(ボーダーコリー)
小田 高弘(三重県)&RIKKA(ボーダーコリー)
ユースオールカマー日本一決定戦(団体戦)
第4リージョン
小田 高弘(三重県)&RIKKA(ボーダーコリー)
小田 高弘(三重県)&METEOR(ボーダーコリー)
東條 絢果音(三重県)&きらり(ボーダーコリー)
シニアドッグの部チャンピオン決定戦
田中 勝則(千葉県)&巡(ボーダーコリー)
助定 潤司(兵庫県)&RAI(ウィペット)
島本 富生(徳島県)&Lark(ボーダーコリー)
ペアの部チャンピオン決定戦
小西 優子 / 河野 和則(大阪府)&SAM(ボーダーコリー)
田澤 恵理 / 池谷 岳人(埼玉県)&シュナ(ボーダーコリー)
迫田 さやか / 北川 伊織(大阪府)&Ratnaraj(ボーダーコリー)
JAPANFINAL2019記念大会
植草 友里江(千葉県)&美糸(ボーダーコリー)
小井 正(大阪府)&Eldrick(ボーダーコリー)
吉澤 憲一(東京都)&りく(ボーダーコリー)

10月13日(日)
レディースチャンピオンシップ
間 美加(福岡県)&Gold(ボーダーコリー)
三五 祐子(新潟県)&NIKE(ボーダーコリー)
北中 里美(滋賀県)&KRUG(ボーダーコリー)
スモールドッグスチャンピオンシップ
山本 康弘(福井県)&サマー(ウェルシュコーギー)
加藤 宣文(千葉県)&夢結(ミックス)
上川 成年(千葉県)&LUKE(パーソンラッセルテリア)
JAPANFINAL2019記念大会
福本 義裕(茨城県)&バッチ(ボーダーコリー)
川野辺 正(茨城県)&七海(ラブラドール)
田中 勝則(千葉県)&Nats(ボーダーコリー)

10月14日(月・祝)
グランドチャンピオンシップ
北川 安洋(奈良県)&Neith(ボーダーコリー)
山口 朋孝(兵庫県)&アミュレット(ボーダーコリー)
三本 欽麗(東京都)&Pallas Athena(ボーダーコリー)
フリーフライトD-1MAXチャンピオンシップ
高橋 諒(千葉県)&Layra(ボーダーコリー)
間 美加(福岡県)&Durandal(ボーダーコリー)
澤 幹子(大阪府)&Zorra(ボーダーコリー)

JAPAN FINAL2019表彰式典
update:|ブログ

2019年10月13日(日)18時30分より新潟市北市区コミュニティセンターにて2019年表彰式典が執り行われました。
2019年度素晴らしい成績をおさめられたのは以下の皆さまです。

ハイスコア部門
HIGH SCORE OF THE YEAR(2019年度1ゲームトータルポイントハイスコアを出したチーム)
第1位 128ポイント
一柳 浩一 (佐賀県)& デトネ(ボーダーコリー)
第2位 125ポイント
一柳 浩一(佐賀県) & デトネ(ボーダーコリー)
第3位 124ポイント
吉武 竜司(福岡県)& LUSH(ボーダーコリー)
BEST SCORE OF THE YEAR
シリーズ/オープン部門 128ポイント
一柳 浩一 (佐賀県)& デトネ(ボーダーコリー)
クイーンズ/レディース部門 102ポイント
松野下 裕子(鹿児島県)&Raiga(ボーダーコリー)
スモールドッグ部門 85ポイント
佐藤 一弥(愛知県)&ライリー(シェルティ)
10×5賞
 該当者なし
ONE ROUNDBEST SCORE OF THE YEAR (ディスタンスゲーム60秒(公式コート)1ラウンド最高ポイント)
49ポイント
一柳 浩一 (佐賀県)& デトネ(ボーダーコリー)
2019年度公式戦最多勝チーム
シリーズ/オープン部門 17勝
佐藤 克行(群馬県)&RUAN(ボーダーコリー)
クイーンズ/レディース部門 21勝
植草 友里江(千葉県)&美糸(ボーダーコリー)
スモールドッグ部門 28勝
佐藤 一弥(愛知県)&ライリー(シェルティ)

特別賞
9年連続グランドチャンピオンシップ出場
中村 清則(宮城県)&Charo(ボーダーコリー)
福尾 光一(岡山県)&GOKOO(NZヘディングドッグ)
三本 欽麗(東京都)&Pallas Athena(ボーダーコリー)
8年連続グランドチャンピオンシップ出場
島本 圭悟(徳島県)&Lark(ボーダーコリー)
鈴木 武司(千葉県)&Samos Couga(ボーダーコリー)
6年連続グランドチャンピオンシップ出場
福本 義裕(茨城県)&純(ボーダーコリー)
福本 義裕(茨城県)&バッチ(ボーダーコリー)
吉武 竜司(福岡県)&mira(ボーダーコリー)
四方田 竜(福岡県)&SOL(ボーダーコリー)
5年連続グランドチャンピオン出場チーム
木田 伸弥(大阪府)&Jewel(ボーダーコリー)
渋谷功(岡山県)&一翔(ボーダーコリー)
西村 久志(三重県)&Rock(ボーダーコリー)
通算8回グランドチャンピオンシップ出場
湯本 智(栃木県)&ルディ・エクレール(ボーダーコリー)
通算7回グランドチャンピオンシップ出場
川野辺 正(茨城県)&七海(ラブラドール)
木田 和夏(大阪府)&Little Navajo(ボーダーコリー)
小西 秀則(大阪府)&Little Navajo(ボーダーコリー)
福島 則行(東京都)&Lucas(ボーダーコリー)
通算5回グランドチャンピオンシップ出場
田渕 義博(兵庫県)&CHIEN VERITE(ボーダーコリー)
長谷 哲哉(兵庫県)&梵天丸(ボーダーコリー)
松尾 至(長崎県)&AERA(ボーダーコリー)
宮迫 裕二(京都府)&BROOKS(ボーダーコリー)
7年連続レディースチャンピオンシップ出場
三五 祐子(新潟県)&NIKE(ボーダーコリー)
間 美加(福岡県)&Deep Sky(ボーダーコリー)
6年連続レディースチャンピオンシップ出場
磯上 淳子(茨城県)&すず(ボーダーコリー)
5年連続レディースチャンピオンシップ出場
田澤 恵理(東京都)&ボータン(ボーダーコリー)
長谷川 政代(埼玉県)&ブルー・オーシャン(ボーダーコリー)
通算8回レディースチャンピオンシップ出場
泉澤 順子(岩手県)&華蓮(ボーダーコリー)
9年連続スモールドッグチャンピオンシップ出場
三ケ田鈴香(静岡県)&サード(ジャックラッセル)
三ケ田達也(静岡県)&キャッチャー(ジャックラッセル)
7年連続スモールドッグチャンピオンシップ出場
鎌田 義明(大分県)&ナッツ(ウェルシュコーギー)
桐山 一宏(新潟県)&COSTA(ジャックラッセル)
6年連続スモールドッグチャンピオンシップ出場
加藤 宣文(埼玉県)&夢結(ミックス)
上川 成年(埼玉県)&LUKE(パーソンラッセル)
通算10回スモールドッグチャンピオンシップ出場
榎硲 博昭(大阪府)&銀次郎(ミックス)
通算5回スモールドッグチャンピオンシップ出場
藤田 浩子(奈良県)&オーティス(ジャックラッセル)
5年連続フリーフライトD-1MAXチャンピオンシップ出場
間 美加(福岡県)&Durandal(ボーダーコリー)
6回以上 シニアドッグJAPANFINAL出場チーム(新設)
10回出場
畑中 松雄(三重県)&シューター(ボーダーコリー)
8回出場
北川 安洋(奈良県)&ソニック(ストロングアイ)
助定 潤司(兵庫県)&RAI(ウィペット)
6回出場
田中 勝則(千葉県)&巡(ボーダーコリー)
空野 正志(兵庫県)&翼(ボーダーコリー)

公式シリーズ選手権優勝チーム
【第1戦/7戦/20戦】
佐藤 克行(群馬県)&RUAN(ボーダーコリー)
【第2戦/24戦】
吉武 竜司(福岡県)&mira(ボーダーコリー)
【第3戦】
木田 和夏(大阪府)&Little Navajo(ボーダーコリー)
【第4戦/15戦】
鈴木 武司(千葉県)&Samos Couga(ボーダーコリー)
【第5戦/26戦】
木田 伸弥(大阪府)&Jewel(ボーダーコリー)
【第6戦】
福本 義裕(茨城県)&純(ボーダーコリー)
【第8戦/19戦】
小西 秀則(大阪府)&Little Navajo(ボーダーコリー)
【第9戦】
北川 安洋(奈良県)&Neith(ボーダーコリー)
【第10戦】
四方田 竜(福岡県)&Luce(ボーダーコリー)
【第11戦】
二宮 三樹(新潟県)&サンタ(ボーダーコリー)
【第12戦】
小西 優子(大阪府)&白(ボーダーコリー)
【第13戦】
鈴木 崇生(宮城県)&ありす(ボーダーコリー)
【第14戦】
谷越 久仁夫(岩手県)&だもん(ボーダーコリー)
【第16戦】
四方田 竜(福岡県)&SOL(ボーダーコリー)
【第17戦】
山口 朋孝(大阪府)&アミュレット(ボーダーコリー)
【第18戦】
西村 久志(三重県)&Rock(ボーダーコリー)
【第21戦/25戦】
福本 義裕(茨城県)&バッチ(ボーダーコリー)
【第22戦】
藤井 勝明(富山県)&龍河(ボーダーコリー)
【第23戦】
池谷 岳人(埼玉県)&シュナ(ボーダーコリー)
公式クイーンズ選手権優勝チーム
【第1戦】
松野下 裕子(鹿児島県)&Raiga(ボーダーコリー)
【第2戦/8戦】
植草 友里江(千葉県)&美糸(ボーダーコリー)
【第3戦/9戦】
迫田 さやか(大阪府)&Ratnaraj(ボーダーコリー)
【第4戦】
磯上 淳子(茨城県)&すず(ボーダーコリー)
【第5戦】
田澤 恵理(東京都)&グータン(ボーダーコリー)
【第6戦】
間 美加(福岡県)&Deep Sky(ボーダーコリー)
【第7戦】
間 美加(福岡県)&Gold(ボーダーコリー)
【第10戦/14戦】
福本 聡子(茨城県)&リッツ(ボーダーコリー)
【第12戦】
鎌瀬 美江子(福岡県)&アルト(ボーダーコリー)
【第13戦】
宮田 真弓(埼玉県)&GRAND LINE(ボーダーコリー)
【第15戦】
五十嵐 祐香(新潟県)&Lilli(ボーダーコリー)
ワンランドマッチゲーム優勝チーム
【第1戦】
田澤 恵理(東京都)&グータン(ボーダーコリー)
【第2戦】
福尾 光一(岡山県)&GOKOO(NZヘディングドッグ)
【第3戦】
間 美加(福岡県)&Gold(ボーダーコリー)
【第4戦/11戦】
鈴木 武司(千葉県)&Samos Couga(ボーダーコリー)
【第5戦/12戦】
木田 和夏(大阪府)&Little Navajo(ボーダーコリー)
【第6戦】
岡山 伸一(福岡県)&Emma(ボーダーコリー)
【第7戦】
佐藤 克行(群馬県)&RUAN(ボーダーコリー)
【第8戦/19戦】
木田 和夏(大阪府)&molto Vivo(ボーダーコリー)
【第9戦/10戦/20戦/28戦】
一柳 浩一(佐賀県)&デトネ(ボーダーコリー)
【第13戦】
三本 欽麗(東京都)&Pallas Athena(ボーダーコリー)
【第14戦】
河野 和則(大阪府)&SAM(ボーダーコリー)
【第15戦】
佐藤 克行(群馬県)&NEAL(ボーダーコリー)
【第16戦】
池谷 岳人(埼玉県)&シュナ(ボーダーコリー)
【第17戦】
湯本 智(栃木県)&ルディ・エクレール(ボーダーコリー)
【第18戦】
迫田 さやか(大阪府)&Ratnaraj(ボーダーコリー)
【第21戦】
福本 義裕(茨城県)&バッチ(ボーダーコリー)
【第22戦/30戦】
北川 安洋(奈良県)&Neith(ボーダーコリー)
【第23戦】
植草 友里江(千葉県)&美糸(ボーダーコリー)
【第24戦】
高橋 真衣子(広島県)&ププルム(ボーダーコリー)
【第25戦】
和田 瞳(千葉県)&筍(ボーダーコリー)
【第26戦】
五十嵐 祐香(新潟県)&Lilli(ボーダーコリー)
【第27戦】
吉澤 憲一(東京都)&りく(ボーダーコリー)
【第29戦】
吉武 竜司(福岡県)&LUSH(ボーダーコリー)
【第31戦】
福本 義裕(茨城県)&純(ボーダーコリー)
スモールドッグカップ優勝チーム
【第1戦】
城戸 英二(熊本県)&ねね(ウェルシュコーギー)
【第2戦/12戦】
上川 成年(埼玉県)&LUKE(パーソンラッセル)
【第3戦】
上田 昌二(兵庫県)&Arion(ジャックラッセル)
【第4戦】
藤田 浩子(奈良県)&オーティス(ジャックラッセッル)
【第5戦】
加藤 宣文(埼玉県)&夢結(ミックス)
【第6戦】
伊藤 智夫(新潟県)&ケン(ウェルシュコーギー)
【第7戦/9戦/11戦/14戦】
佐藤 一弥(愛知県)&ライリー(シェルティ)
【第8戦】
高橋 真衣子(広島県)&パーニャ(ECスパニエル)
【第10戦】
鎌田 貴久美(大分県)&リッツ(ミックス)
【第13戦】
河野 洋志(大分県)&マリン(コイケルホンディエ)
【第15戦】
三ケ田 鈴香(静岡県)&サード(ジャックラッセル)

2019年度各部門表彰
ペアの部年間チャンピオン
小西 優子・河野 和則(大阪府)&SAM(ボーダーコリー)
シニアドッグの部年間チャンピオン
田中 勝則(千葉県)&巡(ボーダーコリー)
フリーフライトD-1MAX年間チャンピオン
澤 幹子(兵庫県)&ZORRA(ボーダーコリー)
スモールドッグ年間TOP 3
第1位
佐藤 一弥(愛知県)&ライリー(シェルティ)
第2位
上田 昌二(兵庫県)&Arion(ジャックラセル)
第3位
上川 成(埼玉県)&LUKE(パーソンラッセル)
クイーンズ/レディース選手権年間TOP 5
第1位
植草 友里江(千葉県)&美糸(ボーダーコリー)
第2位
迫田 さやか(大阪府)&Ratraraj(ボーダーコリー)
第3位
間 美加(福岡県)&Gold(ボーダーコリー)
第4位
福本 聡子(茨城県)&リッツ(ボーダーコリー)
第5位
松野下 裕子(鹿児島県)&Raiga(ボーダーコリー)
シリーズ/オープン選手権年間TOP 10
第1位
北川 安洋(奈良県)&Neith(ボーダーコリー)
第2位
佐藤 克行(群馬県)&RUAN(ボーダーコリー)
第3位
鈴木 武司(千葉県)&Samos Couga(ボーダーコリー)
第4位
藤井 勝明(富山県)&龍河(ボーダーコリー)
第5位
福本 義裕(茨城県)&バッチ(ボーダーコリー)
第6位
鈴木 崇生(宮城県)&ありす(ボーダーコリー)
第7位
福本 義裕(茨城県)&純(ボーダーコリー)
第8位
一柳 浩一(佐賀県)&デトネ(ボーダーコリー)
第9位
池谷 岳人(埼玉県)&シュナ(ボーダーコリー)
第10位
西村 久志(三重県)&Rock(ボーダーコリー)

JAPAN FINAL 2019 各日会場で表彰された皆様です。

ユースオールカマー選手権年間チャンピオン
亀井 伸介(三重県)&Lepton(ボーダーコリー)
ヒューマンシニア賞
ユースオールカマー部門
本郷 雅英(富山県)
シニアドッグ部門
小諸 一男(新潟県)
スモールドッグ部門
小野 巳年男(山形県)
レディース部門
泉澤 順子(岩手県)
グランドチャンピオン部門
田渕 義博(兵庫県)
2019年度新人賞
植草 友里江&美糸(ボーダーコリー)
2019年度M.I.P賞
植草 友里江&美糸(ボーダーコリー)
一撃伝説賞
該当チームなし
殿堂犬認定
福尾 光一(岡山県)&GOKOO(NZヘデイングドッグ)

(敬称略)